大きな自覚症状のない脳梗塞|健康診断だけではなく詳しい検査も

微笑む医者

脳血管障害の発見と予防

看護婦と医者

自覚症状がない病気

脳梗塞は、脳の血管が生活習慣の悪化や遺伝、もしくは心臓疾患が原因となって血管が詰まる病気です。脳出血などと併せて脳卒中と総称されます。動脈硬化が進行すると血管が細くなることで詰まりやすくなるとともに、高血圧により血管壁が弱くなってきます。心臓疾患があると、血液の塊ができやすくなり、これが脳梗塞の原因となります。大きな自覚症状がないため、突然の病気の発症によって、肉体的にも精神的もダメージを受けることになります。脳が損傷を受けることから、後遺症に悩まされる場合もあります。通常は左右の脳の片方にダメージが及び半身に麻痺が出現します。右脳に患部がある場合は、左半身に麻痺が生じます。左脳の場合はその逆となります。

脳血管の異常を事前に知る

MRI・MRAによる専門の検査を行うことで、自らの脳血管の状態を知ることができます。一般の健康診断では見つけることができない脳血管の異常を見つけることが可能です。なので、脳ドックなどが積極的に利用されています。自覚症状がなく、発症すると重い後遺症が残る怖い病気ですので、事前にリスクを回避することを目的として自らの危険因子を把握しようとする方が増えてきています。特にMRIは細部に至る脳血管の状態を角度を変えて映像することができますので、脳動脈瘤の状態を観察したり、隠れ脳梗塞の発見に役立ちます。高血圧や心臓疾患など、脳梗塞を予防するためにも多角的に検査を受けることが推奨されます。通常の健康診断だけでは分からない生活習慣病や脳血管の異常を気にかけていくことが重要です。

長期的回復を期待できる

女医

がん治療には免疫療法というものがあり、白血球を活性化させることでがんを退治していくことができます。利用時の副作用もなく、がん治療の第一歩として始めていこうという決心ができる治療でもありますので、利用を検討してみられるのもいいでしょう。

Read More

新しいがんの治療法

医者

複数の免疫細胞を使用した、大阪のクリニックの免疫療法を受けると、完治する方も居ます。治療実績などが話題になり、免疫療法は期待が持たれている治療です。免疫療法は、温熱療法など他の治療と組み合わせると相乗効果が期待出来ます。抗がん剤の効果もアップする可能性があります。

Read More

体に負担をかけずに治せる

先生

免疫細胞治療は免疫細胞を自分自身の血液から採取して、それを培養し再度、体に戻して治療を行なう方法です。自分の細胞を利用して治療をするため、衛生面も安全です。科学的な薬物を使用しないので、体に負担をかけず治療を続けることができます。

Read More